お問い合わせ
電話番号
その他 人工血管 厚生年金3級 心臓

大動脈解離(人工血管・ステントグラフト)|障害厚生年金3級 

大動脈解離(人工血管・ステントグラフト)|障害厚生年金3級 

対象者の基本データ

病名 大動脈解離(人工血管・ステントグラフト)
性別 男性
支給額 年額 約59万円
障害の状態
  • 人工血管、ステントグラフト挿入術
  • 肉体労働に制限があり、休職中
  • 術後、軽度後遺症あり
申請結果 障害厚生年金3級

 

ご相談までの経緯

2ヵ月前、突然呼吸困難、胸背部に激しい痛みを感じ、救急搬送されたそうです。

搬送後、偽腔閉塞型の急性大動脈解離Stanford Aを認め、即日人工血管挿入術を受けることとなりました。

術後も薬物治療、通院継続が必要で、従来の仕事への復帰も難しい状態が続いており、経済的な不安を抱えていたところ、障害年金を受けられる可能性があればと思い、当事務所にご相談をいただきました。

 

申請結果

術後2ヵ月経過して間もない頃にご連絡をいただき、術後の後遺症で声帯の動きが悪く、喋りづらいこともあった為、ご本人様とは書類とメールでやりとりを行いました。

心疾患で胸部大動脈解離や胸部大動脈瘤により、人工血管を挿入し、かつ、労働に制限を受ける場合は障害年金では3級に該当する可能性があります。

障害年金の3級は初診日に厚生年金又は共済年金に加入していた方のみが対象となる為、病状のヒアリングを行ってから、すぐに年金記録の確認を行いました。

初診日時点で厚生年金に加入しており、納付要件も問題が無かった為、すぐに診断書の作成依頼を行い、請求した結果、『障害厚生年金3級』として手術した月の翌月分から支給が認められました。

 

【ポイント1】障害認定日の特例(ステントグラフト)

障害年金は初診日から原則的に1年6ヶ月を経過した後でしか請求ができません。

しかし、ステントグラフト(人工血管)を初診日から1年6ヶ月以内に装着した場合には、その手術日以降であれば障害年金の請求が可能となります。

これを障害認定日の特例といいます。

 

【ポイント2】 人工血管は原則3級

人工血管を挿入しても軽度の障害が残る場合は原則3級に該当します。

ただし、障害年金3級というのは初診日に厚生年金又は共済年金に加入していなければもらうことができませんので注意が必要です。

 

その他の心臓の障害の事例

 

お問合せ


当事務所では無料相談をおこなっております。
お電話又はお問合せフォームからお気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら

無料診断・相談はコチラ

LINE@でのお問合せはこちら

当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。


LINE友達追加

フォームからのお問い合わせ

以下のフォームからお問合せ下さい。

※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


お住まいの都道府県 (必須項目)
生年月日 西暦 (必須項目)
お名前
メールアドレス
傷病名
お問い合わせ内容
現在お仕事はしていますか?
現在生活保護を受給していますか?


タイトルとURLをコピーしました