「初診日が証明できない」障害年金の申請事例

「初診日が証明できない」障害年金の申請事例

障害年金は初診日主義とも言われており、初診日の証明が出来ないと障害年金を受給することが出来ません。

初診日はカルテに基づいて証明するのですが、初診病院が閉院していたり、5年の保存期間が経過してしまってカルテが破棄されていることもあります。

そういった場合でも初診日を証明するための証拠を積み上げることで、認められる場合もあります。

当事務所にご依頼を頂く案件でも、このカルテによる初診日の証明ができないというケースは多くあります。

初診日の証明は「受診状況等証明書」という様式を用いて行います。

この受診状況等証明書は必ずカルテに基づいて記載をしてもらう必要がありますが、初診病院が廃院している場合や既にカルテが破棄されている場合等は受診状況等証明書が取得できないこととなります。

そこで受診状況等証明書が取得できない場合に使用するのが、「受診状況等証明書が添付出来ない申立書」です。

この受診状況等証明書が添付出来ない申立書はご自身で最初に受けた医療機関名や場所、受診期間等を記載する書類です。

ただし、この書類を作成するだけでは、客観的証拠が不十分として、申請する初診日を認めてもらうことは出来ません。

申請する初診日が明らかに確認できる客観的な証拠書類を添付して、初めて有効とされます。

客観的な証拠書類としては以下のようなものがあります。

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
  • 身体障害者手帳等の申請時の診断書
  • 生命保険、損害保険、労災保険の給付申請時の診断書
  • 事業所等の健康診断の記録
  • 母子健康手帳
  • 健康保険の給付記録
  • お薬手帳、領収書、診察券
  • 盲学校、ろう学校の在学証明・卒業証書
  • 第三者証明

など

受診状況等証明書が取得できない場合でも、証拠書類を積み上げ認められたケースも多くありますので諦めないことが大切です。

なお、以下の動画でもご説明していますのでご参照下さい。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

初診日が証明できない事例

 

うつ病

うつ病|障害厚生年金2級(初診日が25年前の事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 男性 支給額 年額 約141万円 障害の状態 傷病が原因で就労できない 家事をはじめ身の回りのことをするにも家族の...
うつ病

うつ病・不安神経症|障害共済年金3級

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう)・不安神経症 性別 女性 支給額 年額 約59万円 障害の状態 病気が原因で就労できない。 精神障害者福祉手帳 なし ...
基礎年金2級

自閉スペクトラム症|障害基礎年金2級(初診日が20年以上前の事例)

対象者の基本データ 病名 自閉スペクトラム症 性別 男性 支給額 年額 約78万円 障害の状態 一般企業で正社員として就労している。 精神障害者保健福祉手帳2級 ...
基礎年金2級

両網膜色素変性症|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 両網膜色素変性症 性別 女性 支給額 年額 約78万円 障害の状態 身体障害者手帳 2級 病気への配慮を受けながら就労している。 傷病...
うつ病

うつ病・多動性障害|障害厚生年金2級(発達障害とうつ病を併発していた事例)

対象者の基本データ 病名 うつ病・多動性障害 性別 女性 支給額 年額 約101万円 障害の状態 一般雇用での就労は困難なため、就労移行支援事業所に通所中 周囲との関...
人工透析

慢性腎不全|障害厚生年金2級(初診病院が閉院していた事例)

対象者の基本データ 病名 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 性別 男性 支給額 年額 約153万円 障害の状態 正社員、フルタイムで勤務できている。 週に3回の人工透...
うつ病

うつ病|障害共済年金3級(申請のための証明書の作成を断られた事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約109万円 障害の状態 長期休職後復職出来る状態になく退職となり、現在は就労していない 無気...
うつ病

うつ病|障害共済年金2級(遡及請求の事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 男性 支給額 年額 約162万円 遡及金額 約420万円 障害の状態 病気が原因で就労できない。 日中の大半は部...
うつ病

うつ病|障害基礎年金2級(既にカルテが破棄されていた事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約101万円 障害の状態 家族の援助・支援なしには日常生活もままならない 外出は通院に限られ、...
うつ病

うつ病|障害基礎年金2級(初診が20年程前の事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約78万円 障害の状態 外出困難で臥床して過ごし、殆ど引きこもっている 家事は出来ず、シャワー...
人工骨頭

腰椎すべり症|障害厚生年金3級(カルテが既に破棄されていた事例)

対象者の基本データ 病名 腰椎すべり症 性別 男性 支給額 年額 約59万円 障害の状態 右人工骨頭挿入 病状が原因で、就労できない。 階段は手すりがあっても利...
うつ病

うつ病|障害基礎年金2級(初診病院が閉院していた事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 男性 支給額 年額 約78万円 障害の状態 不安感が強い 睡眠リズムが整わずかつ熟眠感が得られない 身の回り...
厚生年金2級

線維筋痛症|障害厚生年金2級(初診病院が閉院していた事例)

対象者の基本データ 病名 線維筋痛症(せんいきんつうしょう) 性別 女性 支給額 年額 約57万円 障害の状態 全身疼痛の為、自力で体を動かすことも困難 常時車椅子を...
厚生年金2級

双極性障害|障害厚生年金2級(既にカルテが破棄されていた事例)

対象者の基本データ 病名 双極性障害(そうきょくせいしょうがい) 性別 男性 支給額 年額 約118万円 障害の状態 希死念慮がある。 恐怖心が強く通院以外は外出がで...
うつ病

うつ病|障害基礎年金2級(既にカルテが破棄されていた事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 男性 支給額 年額 約78万円 障害の状態 家族に対しても自ら話しかけて会話することが出来ない 不安感が強く、通院...
基礎年金2級

自閉スペクトラム症・軽度知的障害|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 自閉スペクトラム症・軽度知的障害 性別 男性 支給額 年額 約78万円 障害の状態 場所を問わず大声を上げたり、物に当たる、人に掴みかかるなどの不...
厚生年金3級

双極性障害|障害厚生年金3級(4回転院していた事例)

対象者の基本データ 病名 双極性障害(そうきょくせいしょうがい) 性別 男性 支給額 年額 約58万円 障害の状態 気分の波があり月に1-2回の通院治療をしている 障...
不安障害

双極性障害・不安障害|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 双極性障害(そうきょくせいしょうがい) 性別 女性 支給額 年額 約78万円 障害の状態 精神障害者保健福祉手帳3級 希死念慮が強く衝動的に...
人工関節

両変形性股関節症(人工関節)|障害厚生年金3級(社会的治癒が認められた事例)

対象者の基本データ 病名 両変形性膝関節症 性別 女性 支給額 年額 約78万円 遡及金額 約389万円 障害の状態 両変形性股関節症のため人工関節を挿入 身体障害...
うつ病

うつ病|障害基礎年金2級(初診病院が閉院していた事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約78万円 障害の状態 抑うつ気分、思考抑制が強く、家庭生活においても適切な行動が取れない 強...
タイトルとURLをコピーしました