料金

申請料金

当事務所に申請サポートをご依頼いただいた場合の報酬をご説明します。

※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

裁定請求成功報酬のみ(着手金0円)

【成功報酬】以下のいずれか、高い金額

  • A.年金の2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
  • B.遡及された場合はAに加え、遡及分の10%(税別)
  • C.10万円

※病院への診断書作成費や通信費等の諸経費として「預り金」を2万円お振込いただきます。最終的に未使用の残額につきましては全額返金いたします

※神経症(パニック障害、強迫性障害 その他)及び違法薬物後遺症に該当する場合は難易度に合わせて2~10万円の着手金を請求させて頂きます。

審査請求着手金10万円+成功報酬

【成功報酬】年金の3ヶ月分(税別)

※年金の計算は加算分を含んだ3ヶ月分となります。

遡及請求の場合:年金の3ヶ月分+遡及分の15%(税別)

再審査請求着手金10万円+成功報酬

【成功報酬】年金の3ヶ月分(税別)

※年金の計算は加算分を含んだ3ヶ月分となります。

遡及請求の場合:年金の3ヶ月分+遡及分の15%(税別)

額の改定請求成功報酬のみ(着手金0円)

【成功報酬】以下のいずれか、高い金額

  • 年金の2ヶ月分(税別)
  • 10万円

※年金の計算は加算分を含んだ2ヶ月分となります。

更新成功報酬のみ(着手金0円)

【成功報酬】以下のいずれか、高い金額

  • 年金の1/2ヶ月分(税別)
  • 5万円(税別)

※年金の計算は加算分を含んだ1/2ヶ月分となります。

 

報酬に関するよくあるご質問

障害年金申請の報酬に関してよく頂くご質問をご紹介します。

 

Q:成功報酬とは何ですか?

成功報酬とは年金の支給が決定した場合に頂く報酬です。

年金が不支給となった場合には、いただきませんのでご安心ください。

但し、ご依頼時にいただく「預り金」から支払う病院への診断書作成費などの実費の返金は致しませんのでご注意下さい。

不支給となった場合は、診断書作成費などの実費のみご負担いただき、それ以外の費用はいただきません。

 

Q:着手金について教えてください

着手金とは、申請手続きを開始する手数料として、お客様から社労士事務所にお支払い頂くお金です。

着手金は支給・不支給に関わらず返金はされません。

当センターでは、以下の申請のみ着手金を頂いております。

  • 審査請求(10万円)
  • 再審査請求(10万円)
  • 「神経症」や「違法薬物後遺症」での申請(難易度にあわせて2万円~10万円)

 

Q:不支給になったときに料金はかかりませんか?

不支給となった場合、当センターへの報酬は発生しません。

但し、請求に必要となります診断書作成料、医師との面談料等の手数料などの実費はご依頼者様にご負担いただいております。

この実費は「預り金」という形で2万円をお申し込み時にお振込みいただきます。(審査請求、再審査請求の場合は預り金のお振込みは不要です)

未使用の残額につきましては全額返金いたします。

例えば、書類を送るレターパックや診断書作成料、医師との面談料等の手数料など実費で15,000円かかった場合、預り金20,000円から実費でかかった15,000円を引いた5,000円を返金致します。

この例で不支給となった場合は15,000円が依頼者様のご負担となります。

 

Q:審査請求・再審査請求とは何ですか?

障害年金の請求を行ったけど、その決定に納得がいかない場合や不支給の決定となった場合の再チャレンジの制度をいいます。詳しくはこちら

 

「預り金」と「事務手数料」と「着手金」の違い

報酬に関連して「預り金」と「事務手数料」と「着手金」がわかりにくいというご質問をいただくことがございますので、最初にご説明したいと思います。

 

預り金とは

当事務所にご依頼いただく場合、全てのお客様に「預り金」として2万円をお振込みいただきます

着手金0円って書いているのにお金払わないといけないんですか?

「預り金」はお医者さんに書いて頂く「診断書」や役所で住民票を取得する発行手数料など、障害年金を申請するために必要な実費なんです。この費用はお客様ご自身で申請される場合でもかかる費用です。

「預り金」とは郵送費や診断書作成料、医師との面談料などで支払う実費として使用させていただくものです。

最終的に未使用の残額につきましては全額返金いたします。

例えば、書類を送るレターパックや診断書作成料、医師との面談料等の手数料など実費で15,000円かかった場合、預り金20,000円から実費でかかった15,000円を引いた5,000円を返金致します。

もちろん診断書の領収書など使用した金額の内訳を一覧にしてご報告致します。

支給・不支給どちらの決定になっても、診断書作成費など預り金から実費として使用した分は返金致しませんのでご注意下さい。

預り金から支払う障害年金の申請に必要な費用の詳細に関しては動画で分かりやすくご説明していますので、是非ご参照下さい。

障害年金を申請するために必要な諸費用のイメージをお伝えします!

 

預り金の返金方法

  • 支給の決定となった場合→報酬額から返金分を引いた額を請求させていただきます。
  • 不支給の決定となった場合→年金振込予定口座へ返金させて頂きます。

 

事務手数料とは

じゃあ、事務手数料って何ですか?

「事務手数料」は明確な定義はないので、各事務所によって内容が異なります。

当事務所では「事務手数料」という名目で頂くお金はありません。

当事務所のように実費支払のための「預り金」を「事務手数料」と表現する事務所もあるかもしれませんし、「着手金」のような返金されない報酬の一部を「事務手数料」と表現される場合もあるかもしれません。

当事務所では「事務手数料」という名目でお金をいただくことはありません

当事務所でかかる費用は以下の通りです。

  • 診断書や住民票取得費用などの実費→「預り金」(未使用分は返金)
  • 支給が決まった場合のみいただくお金→「報酬」(不支給の場合はいただきません)
  • 不服申し立てなど特別な申請でいただくお金→「着手金」(返金なし)

 

着手金とは

当事務所では原則着手金は0円です。

じゃあ、着手金って何ですか?

着手金とは、申請手続きを開始する手数料として、お客様から社労士事務所にお支払い頂くお金です。着手金は支給・不支給に関わらず返金はされません。

当事務所では不支給の場合は報酬はいただきませんので、着手金は0円となっています。

例えば、うつ病や双極性障害などの精神疾患、人工関節、糖尿病、がん、人工透析などで申請して不支給の決定になった場合、報酬はいただきません。

但し、以下の場合は着手金をいただいておりますのでご注意下さい。

 

着手金を頂く場合

以下に該当する場合は着手金をいただいております。

「着手金」は不支給の決定となった場合でも返金は致しませんのでご注意下さい。

(1)神経症での申請

パニック障害、強迫性障害などの「神経症」で申請する場合、難易度に合わせて2~10万円の着手金を請求させて頂きます。

神経症(パニック障害、強迫性障害 その他)

(2)違法薬物後遺症での申請

「違法薬物後遺症」で申請する場合、難易度に合わせて2~10万円の着手金を請求させて頂きます。

違法薬物後遺症

(3)不服申し立て

不支給の決定になった場合、「審査請求」や「再審査請求」のように不服申し立てができます。

「審査請求」や「再審査請求」の場合、着手金10万円をいただいております。

 

料金とサポート内容一覧

フルサポートチェックサポート
内容電話指導 ○
メール指導 ○
受給資格・
要件の確認
必要書類の
取り寄せ
診断書等の
取得代行
謄本・住民票の
取得代行
必要書類の
作成
提出書類の
チェック
書類の提出
提出後の
フォロー
料金裁定請求着手金0円+成功報酬①
※1:預り金(2万円)
※2:一部の傷病を除く
前金:49,800円(税別)
審査請求着手金10万円+成功報酬②
再審査請求着手金10万円+成功報酬②
額の改定請求着手金0+成功報酬③
更新着手金0+成功報酬④

※1「預り金」とは書類代や通信費等の諸経費として使用させていただきます。最終的に未使用の残額につきましては全額返金いたします。

※2 原則として着手金は0円としますが、以下の傷病に該当する場合は難易度に合わせて2~10万円の着手金を請求させて頂きます。

 

報酬成功報酬①【 A,B,Cのいずれか、高い金額 】
A.年金の2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
B.遡及された場合はAに加え、遡及分の10%(税別)
C.10万円
成功報酬②【 A,Bのいずれか、高い金額 】
A.年金の3ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
B.遡及された場合はAに加え、遡及分の15%(税別)
成功報酬③【 A,Bのいずれか、高い金額 】
A.年金の2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
B.10万円
成功報酬④【 A,Bのいずれか、高い金額 】
A.年金の1/2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
B.5万円

 

サポートの内容と料金は以下の通りです。

動画でもご説明していますので、ご参照下さい。

 

当事務所への報酬のご入金

初回の障害年金の振込があった時点で、当事務所への報酬をお支払いいただきます。

振り込まれる日は、送られてくる年金証書の左上の日付(裁定日)が月の前半か後半かで振込日が変わります。

裁定日が月の前半の場合、翌月の15日が初回の振込日になります。

裁定日が月の後半の場合、翌々月の15日が初回の振込日になります。

障害年金の入金時期に関しましては動画でもご説明していますのでご参照下さい。

障害年金が認定♪最初の振り込み日を解説します!

 

お問合せの流れ

※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

ゆっくりご検討下さい。

問合せ

以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

  • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
  • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
  • 何から手をつけたら良いのかわからない
  • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
  • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
  • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
  • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

 

遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
 

お電話でのお問い合わせはこちら

無料診断・相談はコチラ

LINE@でのお問合せはこちら

当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

LINE友達追加

ホームページのフォームからのお問い合わせ

以下のフォームからお問合せ下さい。

※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


お住まいの都道府県(必須項目)
生年月日西暦 (必須項目)
お名前
メールアドレス
傷病名
お問い合わせ内容
現在お仕事はしていますか?
現在生活保護を受給していますか?


タイトルとURLをコピーしました