【無料受給判定】精神の障害年金無料診断

料金

申請料金

請求・申請の種類によって料金が異なります。
下記メニューからお選びください。

裁定請求のフルサポートの料金(初めて障害年金を申請する)

預り金:2万円

成功報酬

※神経症及び違法薬物後遺症、その他の状況によって難易度が高いと判断した場合にはその難易度に応じて2~10万円の着手金を頂く場合がございます。

成功報酬の金額について

成功報酬 A,年金の2ヶ月分+遡及分金額(過去にさかのぼって支給される金額)の10%+消費税
B,10万円+消費税
※A,Bいずれか金額の高い方

障害年金が支給されない限り、成功報酬は頂きません。

成功報酬の一例を見る

例)うつ病による障害厚生年金3級で、年額約59万円(月約4.9万円)、遡及金額約68万円の支給が決定した場合

預り金の清算 ¥15,000を使用し、余った約¥5,000を返却。(診断書・住民票の取得手続きで使用)
成功報酬 ¥166,000(年金2か月分¥98,000と、遡及金額の10%¥68,000の合計)
お客様の負担合計 ¥177,600(¥166,000 + 消費税 – 預かり残金¥5,000)

あくまで一例であり、金額は分かりやすいように単純化しています。

ご依頼時にかかる料金について

名目 金額 補足
預り金 2万円

診断書や住民票を当事務所が代理で取得するために、
病院や役所に支払うお金を先にお預かりします。
余った分はご返却いたします。

着手金

0円

※神経症及び違法薬物後遺症、その他の状況によって難易度が高いと判断した場合にはその難易度に応じて2~10万円の着手金を頂く場合がございます。
「着手金」は不支給の決定となった場合でも返金は致しませんのでご注意下さい。

料金に含まれるサービス内容

基本的に、ご契約後から結果が出るまでの間の「全ての手続き」を当事務所にて行います。
※病院での手続きに際して、「個人情報の観点から、ご本人しか受付ができない」という場合は、ご本人様にご協力をお願いしています。

  • 相談
  • 受給資格・要件の確認
  • 必要書類の取り寄せ
  • 診断書等の取得代行
  • 謄本・住民票の取得代行
  • 必要書類の作成
  • 提出書類のチェック
  • 書類の提出
  • 提出後のフォロー

よくある質問

Q:成功報酬とは何ですか?

成功報酬とは年金の支給が決定した場合に頂く報酬です。
年金が不支給となった場合には、いただきませんのでご安心ください。
但し、ご依頼時にいただく「預り金」から支払う病院への診断書作成費などの実費の返金は致しませんのでご注意下さい。
不支給となった場合は、診断書作成費などの実費のみご負担いただき、それ以外の費用はいただきません。

成功報酬の金額は、「裁定請求」や「審査請求」などの請求の種類によって異なります

Q:裁定請求の着手金とは何ですか?

着手金とは、申請手続きを開始する手数料としてお客様から当センターにお支払い頂くお金で、裁定請求の場合は下記の「着手金を頂く場合」に該当しない限り原則0円です。

着手金を頂く場合

(1)神経症での申請

パニック障害、強迫性障害などの「神経症」で申請する場合、難易度に合わせて2~10万円の着手金を請求させて頂きます。

神経症(パニック障害、強迫性障害 その他)

(2)違法薬物後遺症での申請

「違法薬物後遺症」で申請する場合、難易度に合わせて2~10万円の着手金を請求させて頂きます。

違法薬物後遺症

(3)不服申し立て

不支給の決定になった場合、「審査請求」や「再審査請求」のように不服申し立てができます。

「審査請求」や「再審査請求」の場合、着手金10万円をいただいております。

Q:不支給になったときに料金はかかりませんか?

不支給となった場合、当センターへの成功報酬は発生しません。
但し、請求に必要となります診断書作成料、医師との面談料等の手数料などの実費はご依頼者様にご負担いただいております。
この実費は「預り金」という形で2万円をお申し込み時にお振込みいただきます。(審査請求、再審査請求の場合は預り金のお振込みは不要です)
未使用の残額につきましては全額返金いたします。

Q:預り金とは何ですか?
「預り金」は、郵送費や診断書作成料・医師との面談料など、医師や役所などに支払う費用として使用させていただくもので、この費用はお客様ご自身で申請される場合でもかかるものです。
この費用を事前にお預かりする事で、各種手続きの支払いをスムーズに代行させていただく事ができます。最終的に未使用の残額につきましては全額返金いたします。
(預り金の有無・金額は請求・申請の種類により異なります)

金額の例)

預り金 ¥20,000
かかった費用 ¥15,000
(書類を送るレターパックや診断書作成料、医師との面談料等の手数料などの合計)
返却される金額 ¥5,000

※診断書の領収書など使用した金額の内訳を一覧にしてご報告致します。

支給・不支給どちらの決定になっても、預り金から実費として使用した分は返金致しませんのでご注意下さい。

動画で分かりやすくご説明していますので、是非ご参照下さい。

Q:余った預り金はどのように返金されますか?

支給が決定になった場合

直接のご返金ではなく、成功報酬をご請求させていただく際に余った預り金の分を割り引いてご請求をいたします。

不支給になった場合

年金振込予定口座にお振込みさせていただきます。

Q:年金が振り込まれる前に成功報酬を支払う場合はありますか?

一切ございません。

初回の障害年金の振込があった時点で、お支払いをお願いしております。
振り込みがされるまではお支払いいただく必要はございませんので、ご安心ください。

Q:成功報酬はいつ支払えばいいですか?
初回の障害年金の振込があった時点で、お支払いをお願いします。

障害年金が振り込まれる日は以下の通りです。

裁定日が月の前半の場合 翌月の15日が初回の振込日になります。
裁定日が月の後半の場合 翌々月の15日が初回の振込日になります。

障害年金の入金時期に関しましては動画でもご説明していますのでご参照下さい。


    お問合せから申請までの流れ

    お問合せの流れ

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい

    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい

    • 何から手をつけたら良いのかわからない

    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている

    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい

    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・

    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

    精神疾患での障害年金無料自動診断

    精神疾患での障害年金の申請をご検討の場合、必要事項を入力頂くだけで「障害年金が受給できる可能性があるか」また「何級相当を受給できる可能性があるか」が自動で表示されます。
    以下のバナーをクリック頂くと、自動無料診断ページにいきます。
    費用は一切かかりませんし、匿名でもご利用頂けます。
    診断の後にこちらから営業の連絡なども致しませんので、安心してお試し下さい。

    精神の障害年金無料診断ページ 障害年金無料自動診断

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化 以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。 届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。

    お住まいの都道府県

    (必須項目)

    生年月日

    西暦 (必須項目)

    お名前

    メールアドレス

    傷病名

    お問い合わせ内容

    現在お仕事はしていますか?

    現在生活保護を受給していますか?

    \ 私は障害年金を受給できるの?/
    \ 私は障害年金を受給できるの?/