【精神疾患】障害年金受給の無料診断はこちら!

遡及請求(認定日請求)

遡及請求(認定日請求)

何らかの理由で障害年金の請求が遅れてしまったり、手続きを忘れていた場合、最大で5年まで遡って請求ができる「認定日請求(遡及請求)」という制度があります。

これは既に障害年金を受給している方でもおこなうことが可能です。

以下に、遡及請求をおこなう時のポイントをご説明します。

 

【ポイント1】遡及請求をする場合の医証

障害年金で遡及請求をする場合は医師に記載して貰う書類(医証)は下記のとおり複数枚あることが基本です。

①初めて受診した病院で記載してもらう『受診状況等証明書』が1枚
②障害認定日の時に受診していた病院で書いてもらう『診断書』が1枚
③現在受診している病院で書いてもらう『診断書』が1枚

一方、初診と障害認定日が同じ病院の場合や初診から現在まで同じ病院を受診している場合は、①が不要となり、②と③の2枚でOKです。

 

【ポイント2】診断書1枚で遡及請求が出来る傷病

ポイント1でご説明しましたように、障害年金を1年以上、遡って請求する場合、原則として2枚の診断書が必要となります。

しかし現在の診断書だけで、初診日から1年6ヶ月の段階で以下に該当することが分かる場合については、例外的に1枚の診断書だけで遡及請求が出来ることになります。

  • 人工関節や人工骨頭を挿入置換
  • 植込み型除細動器(ICD)又は人工弁を装着
  • 新膀胱を造設
  • 人工肛門を造設
  • 手足を切断または離断
  • 在宅酸素療法を開始
  • 喉頭を全摘出

 

【ポイント3】遡及請求のみを行うことも可能

事後重症請求を行う時点で初診日が認められるか不明であったり、認定日時点の通院歴や病状があやふやで遡及請求(認定日請求)を同時に行うことが出来ない場合は、事後重症請求のみを先に行い、あとから遡及請求のみを行うことも出来ます。

ただし、遡及請求のみをあとから行う場合は、過去に事後重症請求時点で提出した書類との矛盾が起らないように、最初の事後重症請求時点でその後の申請も見据えて申請をしていく必要があるでしょう。

遡及請求のみをおこなった事例

 

以下の動画でも遡及請求のポイントをご説明していますので是非ご覧ください。

 

遡及請求(認定日請求)の事例

F3

【事例874】うつ病|障害基礎年金2級(精神疾患で一人暮らしの事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 男性 支給額 年額 約79万円 遡及金額 約390万円 障害の状態 家族と同居すると症状が悪化するため、余儀なく一人暮...
F3

【事例832】うつ病|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 男性 支給額 年額 約78万円 遡及金額 約20万円 障害の状態 引きこもり傾向が強く、大学も1年以上休学が続いている...
人工血管(心臓)

【事例873】急性大動脈解離 Stanford A|障害厚生年金3級

対象者の基本データ 病名 急性大動脈解離 Stanford A 性別 男性 支給額 年額 約58万円 遡及金額 約181万円 障害の状態 人工血管、ステントグラフト挿入術...
F3

【事例976】うつ病|障害基礎年金2級(A病院→B病院→A病院と通院されていた事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約100万円 遡及金額 約539万円 障害の状態 何事にも意欲が湧かず、食事も強く促されないと食べ...
厚生年金2級

【事例897】小脳出血|障害厚生年金2級(障害認定日の診断書が無く遡及が認められた事例)

対象者の基本データ 病名 小脳出血 性別 女性 支給額 年額 約128万円 遡及金額 約620万円 障害の状態 補助用具を使用しなければ歩行や立位保持も出来ない 筋...
F3

【事例862】うつ病|障害厚生年金2級(週40時間フルタイムで就労している事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約144万円 遡及金額 約97万円 障害の状態 他人の咀嚼音が苦手で、家族とも一緒に食事ができない...
人工弁(循環器)

【事例853】感染性心内膜炎・僧帽弁閉鎖不全症(人工弁)|障害厚生年金3級 

対象者の基本データ 病名 感染性心内膜炎・僧帽弁閉鎖不全症 性別 男性 支給額 年額 約66万円 遡及金額 約115万円 障害の状態 僧帽弁装着 正社員でフルタイム...
人工骨頭

【事例850】右上腕骨近位端骨折(人工骨頭)|障害厚生年金3級 

対象者の基本データ 病名 右上腕骨近位端骨折(人工骨頭) 性別 男性 支給額 年額 約92万円 遡及金額 約45万円 障害の状態 右肩を動かせない 物をつまんだり握...
共済年金1級

【事例730】脳出血後遺症|障害共済年金1級

対象者の基本データ 病名 脳出血後遺症 性別 男性 支給額 年額 約300万円 遡及金額 約326万円 障害の状態 常時、車椅子を使用している 補助用具及び周囲の支...
F3

【事例807】うつ病|障害厚生年金3級

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約59万円 遡及金額 約63万円 障害の状態 家事や保清には全く意欲がなく、全て家族が行っている。...
F3

【事例606】うつ病|障害厚生年金2級(社会的治癒が認められた事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約112万円 遡及金額 約151万円 障害の状態 意欲低下が著しく、入浴や食事といった自身の身の回...
F3

【事例662】反復性うつ病性障害|障害厚生年金3級(遡及請求は2級が認定された事例)

対象者の基本データ 病名 反復性うつ病性障害 性別 女性 支給額 年額 約59万円 遡及金額 約583万円 障害の状態 不安が強く、気分の浮き沈みが続いている 病状...
F3

【事例780】双極性障害|障害基礎年金2級(遡及請求のみ申請した事例)

対象者の基本データ 病名 双極性障害(そうきょくせいしょうがい) 性別 男性 支給額 遡及金額 約390万円 障害の状態 他人とのコミュニケーションは困難 躁うつの気...
F3

【事例641】うつ病|障害基礎年金2級(過去5年分の遡及請求が認められた事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約106万円 遡及金額 約510万円 障害の状態 家事や身の回りのことは家族のサポートが欠かせない...
基礎年金1級

【事例782】脳出血後遺症|障害基礎年金1級

対象者の基本データ 病名 脳出血後遺症 性別 男性 支給額 年額 約98万円 遡及金額 約57万円 障害の状態 生活動作には全介助必要 車椅子への移乗にも介助が必要...
F3

【事例734】うつ病・反復性うつ病性障害|障害厚生年金3級

対象者の基本データ 病名 うつ病・反復性うつ病性障害 性別 女性 支給額 年額 約59万円 遡及金額 約312万円 障害の状態 家族以外の他者との対人関係はない 外...
F3

【事例746】うつ病・広汎性発達障害|障害厚生年金2級

対象者の基本データ 病名 うつ病・広汎性発達障害 性別 男性 支給額 年額 約117万円 遡及金額 約137万円 障害の状態 意欲の低下、倦怠感などが続いており、日常生活...
基礎年金2級

【事例610】好酸球性多発血管炎性肉芽腫症|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 性別 男性 支給額 年額 約78万円 遡及金額 約377万円 障害の状態 屋内外問わず、補助器具がなければ移動は困...
基礎年金2級

【事例692】先天性左尺骨成長障害・先天性左橈骨成長障害|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 先天性左尺骨成長障害・先天性左橈骨成長障害 性別 女性 支給額 年額 約78万円 遡及金額 約364万円 障害の状態 生まれつき片手の全ての指を...
F3

【事例642】うつ病エピソード|障害共済年金2級

対象者の基本データ 病名 うつ病エピソード 性別 女性 支給額 年額 約163万円 遡及金額 約547万円 障害の状態 注意欠如・多動性障害をベースとして二次的にうつ病を...
タイトルとURLをコピーしました