【精神疾患】障害年金受給の無料診断はこちら!

遡及請求(認定日請求)

遡及請求(認定日請求)

何らかの理由で障害年金の請求が遅れてしまったり、手続きを忘れていた場合、最大で5年まで遡って請求ができる「認定日請求(遡及請求)」という制度があります。

これは既に障害年金を受給している方でもおこなうことが可能です。

以下に、遡及請求をおこなう時のポイントをご説明します。

 

【ポイント1】遡及請求をする場合の医証

障害年金で遡及請求をする場合は医師に記載して貰う書類(医証)は下記のとおり複数枚あることが基本です。

①初めて受診した病院で記載してもらう『受診状況等証明書』が1枚
②障害認定日の時に受診していた病院で書いてもらう『診断書』が1枚
③現在受診している病院で書いてもらう『診断書』が1枚

一方、初診と障害認定日が同じ病院の場合や初診から現在まで同じ病院を受診している場合は、①が不要となり、②と③の2枚でOKです。

 

【ポイント2】診断書1枚で遡及請求が出来る傷病

ポイント1でご説明しましたように、障害年金を1年以上、遡って請求する場合、原則として2枚の診断書が必要となります。

しかし現在の診断書だけで、初診日から1年6ヶ月の段階で以下に該当することが分かる場合については、例外的に1枚の診断書だけで遡及請求が出来ることになります。

  • 人工関節や人工骨頭を挿入置換
  • 植込み型除細動器(ICD)又は人工弁を装着
  • 新膀胱を造設
  • 人工肛門を造設
  • 手足を切断または離断
  • 在宅酸素療法を開始
  • 喉頭を全摘出

 

【ポイント3】遡及請求のみを行うことも可能

事後重症請求を行う時点で初診日が認められるか不明であったり、認定日時点の通院歴や病状があやふやで遡及請求(認定日請求)を同時に行うことが出来ない場合は、事後重症請求のみを先に行い、あとから遡及請求のみを行うことも出来ます。

ただし、遡及請求のみをあとから行う場合は、過去に事後重症請求時点で提出した書類との矛盾が起らないように、最初の事後重症請求時点でその後の申請も見据えて申請をしていく必要があるでしょう。

遡及請求のみをおこなった事例

 

以下の動画でも遡及請求のポイントをご説明していますので是非ご覧ください。

 

遡及請求(認定日請求)の事例

F3

【事例651】うつ病|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約78万円 遡及金額 約380万円 障害の状態 母親の援助の下、なんとか日常生活が送れている。 ...
基礎年金2級

【事例532】左先天性指欠損|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 左先天性指欠損 性別 女性 支給額 年額 約80万円 遡及金額 約429万円 障害の状態 生まれつき左手の全ての指を欠くもの 両手を使用す...
F3

【事例612】双極性障害|障害厚生年金2級

対象者の基本データ 病名 双極性障害(そうきょくせいしょうがい) 性別 女性 支給額 年額 約117万円 遡及金額 約141万円 障害の状態 気分の落ち込みが激しい時は何...
F3

【事例613】うつ病|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 女性 支給額 年額 約78万円 遡及金額 約130万円 障害の状態 対人恐怖が強く、1日中部屋に引きこもっている。 ...
厚生年金1級

【事例597】下肢麻痺|障害厚生年金1級

対象者の基本データ 病名 下肢麻痺 性別 女性 支給額 年額 約207万円 遡及金額 約103万円 障害の状態 両下肢完全麻痺 自力での歩行は不可能な状態で常時、車...
ジストニア

【事例600】外傷性ジストニア・複合局所疼痛症候群|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 外傷性ジストニア・複合局所疼痛症候群 性別 女性 支給額 年額 約100万円 遡及金額 約193万円 障害の状態 左上肢機能全廃 日常生活...
厚生年金2級

【事例572】脳出血後遺症(右被殻脳出血)|障害厚生年金2級

対象者の基本データ 病名 脳出血後遺症(右被殻脳出血) 性別 女性 支給額 年額 約110万円 遡及金額 約73万円 障害の状態 屋内外問わず、補助用具がなければ歩行は不...
F6

【事例540】高次脳機能障害|障害基礎年金2級

対象者の基本データ 病名 高次脳機能障害 性別 女性 支給額 年額 約138万円 遡及金額 約23万円 障害の状態 支援者の助言や支援にも抵抗性がみられる 意思疎通...
F2

【事例569】統合失調症|障害基礎年金2級(約8年間アルバイトをされていた事例)

対象者の基本データ 病名 統合失調症(とうごうしっちょうしょう) 性別 男性 支給額 年額 約78万円 遡及金額 約390万円 障害の状態 新聞配達のアルバイトに従事して...
人工関節

【事例541】両変形性股関節症(社会的治癒が認められた事例)|障害厚生年金3級

対象者の基本データ 病名 両変形性膝関節症 性別 女性 支給額 年額 約59万円 遡及金額 約312万円 障害の状態 屋外歩行は杖が必要 階段昇降に支障がある ...
F2

【事例535】統合失調症|障害基礎年金2級(現在受給中で遡及請求のみおこなった事例)

対象者の基本データ 病名 統合失調症(とうごうしっちょうしょう) 性別 女性 支給額 年額 約253万円 障害の状態 病状が悪化すると家族との会話も全く成り立たない ...
F3

【事例513】うつ病|障害共済年金2級(遡及請求の事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 男性 支給額 年額 約220万円 遡及金額 約1156万円 障害の状態 仕事は休職中 意欲減退が著しく、週の半分...
厚生年金2級

【事例505】陳旧性心筋梗塞|障害厚生年金2級

対象者の基本データ 病名 陳旧性心筋梗塞 性別 男性 支給額 年額 約121万円 遡及金額 約59万円 障害の状態 CRT-D植込あり 現在も軽労作で動悸、息切れな...
人工骨頭

【事例550】右特発性大腿骨頭壊死症(人工骨頭)|障害厚生年金3級 

対象者の基本データ 病名 右特発性大腿骨頭壊死症(人工骨頭) 性別 男性 支給額 年額 約81万円 遡及金額 約400万円 障害の状態 長時間の歩行や重量物を持つことが困...
F3

【事例438】うつ病|障害共済年金3級(精神疾患で一人暮らしの事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 男性 支給額 年額 約93万円 遡及金額 約460万円 障害の状態 一人暮らしのため、日常生活は知人のサポートで成り立...
F3

【事例533】うつ病・双極性障害|障害厚生年金3級

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう)・双極性障害 性別 男性 支給額 年額 約59万円 障害の状態 休職中で労働は出来ない状態にある 服薬管理も家族の支援がな...
厚生年金1級

【事例499】脳梗塞後遺症|障害厚生年金2級

対象者の基本データ 病名 脳梗塞後遺症 性別 男性 支給額 年額 約146万円 遡及金額 約50万円 障害の状態 歩行時には、常時、杖を利用 右半身麻痺のため、身の...
人工関節

【事例469】左大腿骨頭壊死(人工骨頭)|障害厚生年金3級 

対象者の基本データ 病名 右変形性股関節症(人工関節) 性別 男性 支給額 年額 約125万円 遡及金額 約94万円 障害の状態 人工骨頭置換術あり 配置転換され、...
厚生年金3級

【事例495】ブルガダ症候群(ICD)|障害厚生年金3級

対象者の基本データ 病名 ブルガダ症候群(ICD) 性別 男性 支給額 年額 約73万円 遡及金額 約339万円 障害の状態 症状は殆どなく、就労している 日常生活...
その他

【事例470】クローン病|障害厚生年金3級(20歳前の初診日に厚生年金に加入されていた事例)

対象者の基本データ 病名 クローン病 性別 男性 支給額 年額 約59万円 遡及金額 約293万円 障害の状態 人工肛門閉鎖後、再造設。肛門部に皮下膿瘍あり 大腸を...
タイトルとURLをコピーしました