額改定請求

額改定請求

額改定請求とは、すでに障害年金を受給している人が、障害の程度が重くなった場合に行う手続きのことです。

たとえば、3級を受給中の人が「障害の程度が重くなったので2級になりませんか」と請求をすることです。

3級を受給中の人が2級に、2級を受給中の人が1級に、と請求をします。

今、受給している障害年金の更新までの間に、障害が重くなることもあるかもしれません。

そのような場合は、額改定請求ができないか検討されるとよいでしょう。

 

額改定請求はいつからできる?

  • ①年金を受ける権利が発生した日から1年を経過した日
  • ②障害の程度の診査を受けた日から1年を経過した日

上記①②を過ぎてからでなければ請求できません。

ただし、「1年を待たなくても額改定請求できる」とされている障害の状態が22項目あります。

詳細は日本年金機構ホームページでご確認ください。

平成26年4月1日から障害年金の額(障害等級)の改定を請求できる時期が変わります

 

65歳以上の方は注意

65歳以上の人の場合は、65歳の誕生日の前々日までに「一度も2級以上になったことがない」場合は請求できません。

今、3級で受給していても、過去に2級以上に一度でも該当していれば大丈夫です。

 

年金額はいつから変わる?

額改定請求が認められた場合は、請求をした翌月から額が改定されます。

 

額改定請求の事例はこちら

うつ病

うつ病|障害厚生年金2級(3級から2級に額改定請求した事例)

対象者の基本データ 病名 鬱病(うつびょう) 性別 男性 支給額 年額 約100万円 障害の状態 障害厚生年金3級を受給中 シングルファザーでお子様と実家のご家族と同...
タイトルとURLをコピーしました