人工弁(心臓) 厚生年金3級 大動脈弁狭窄症 心臓

大動脈弁狭窄症|障害厚生年金3級(複数傷病を併発していたケース)

大動脈弁狭窄症|障害厚生年金3級

対象者の基本データ

病名大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)
性別男性
支給額年額 約68万円
遡及金額 約164万円
障害の状態
  • 人工弁置換術施行済み
  • 重労働は制限があるものの、職場復帰し軽作業をこなしている
  • 日常生活に大きな支障はない
申請結果障害厚生年金3級

 

ご相談までの経緯

7年前頃から会社の健診で心雑音を指摘されていましたが、当時は自覚症状もなく、支障に感じる事も無かった為、その後医療機関へ受診していなかったそうです。

2年前の健診でも心雑音の指摘を受け、その約1ヵ月後からは息を吸うと苦しさを感じるようになり、急ぎ足や階段の昇降では息苦しく、激しい息切れ、夜間呼吸苦を自覚するようになったそうです。

不安になり、医療機関を受診したところ、大動脈弁狭窄症と診断され、入院精査の上、人工弁置換が必要になりました。

初診から約1ヵ月後には大動脈弁置換術を行い、心機能は回復しましたが、手術時に脳梗塞を発症したことで、右半身に軽度の後遺症と高次脳機能障害を併発し、治療・経過観察のため通院を続けていました。

仕事には復帰したものの、今後も治療を継続して行く事に不安を感じていた中で障害年金の制度を知り、対象になるのか?当事務所にご相談をいただきました。

 

申請結果

複数傷病を併発していた為、どの傷病で申請を行うべきか方針を立てる必要があります。(ポイント①)

まずはそれぞれの症状について、ヒアリングを行いました。

  • 大動脈弁狭窄症:人工弁置換術後、ワーファリン投与で経過観察中
  • 脳梗塞後遺症による半身麻痺:痺れや力が入りにくいなどの症状もあるが、歩行や身の回りの事も支障なく、生活は自立している
  • 高次脳機能障害:診断を受けたが現在は特段治療や診察も受けておらず、日常生活も自立している

いずれも初診日時点で厚生年金に加入しており、現在は仕事にも復帰、日常生活は自立していることから脳梗塞後遺症(半身麻痺、高次脳機能障害)では等級に該当しないことが見込まれたため、大動脈弁狭窄症に絞って申請を行うことにしました。

申請方法が決まれば、初診日の証明を取得し、次に診断書の依頼を行います。

初診日から約1ヵ月後には大動脈弁置換術を受けているため障害認定日の特例(ポイント②)に該当し、障害認定日時点から遡って請求できる可能性がありました。

現在の診断書1枚で障害認定日時点で人工弁置換術を受けている状況が確認できることから、診断書1枚で遡及請求も行いました。(ポイント③)

結果、障害認定日時点から現在までの約2年半の遡及と今後の分の年金が支給されることとなりました。

 

【ポイント1】複数傷病がある場合は併合認定も検討

2つ以上の障害がある場合、それぞれの傷病について申請することで、障害の状態を併せて認定されると受給の可能性が高くなったり、更に上位等級での認定となることがあります。

全ての傷病で併合認定が出来るわけではないため、複数障害がある場合は、闇雲に申請するのではなく、どのように組み立てて申請していくか検討する必要があります。

複数傷病でどのように手続きを進めていくのが良いか判断が難しい場合はぜひ専門家へご相談ください。

 

【ポイント2】障害認定日の特例(心臓)

障害年金を請求できるようになるのは、原則として初診日から1年6ヶ月を経った日です。この基準日を障害認定日といいます。

しかし、以下の心臓の手術を行った場合、『初診日から1年6ヶ月』と手術日を比べて、どちらか早い方が障害認定日となります。
この障害認定日が初診日から1年6ヶ月以前になることを障害認定日の特例といいます。

  • ペースメーカーを装着した日
  • 人工弁を装着した日
  • 人工血管(ステントグラフト含む)を装着した日
  • ICD(植込み型除細動器)を装着した日
  • CRT(心臓再同期医療機器)、CRT-D(除細動器機能付き心臓同期医療機器)を装着した日

 

【ポイント3】診断書1枚で遡及請求が出来る傷病

障害年金を1年以上、遡って請求する場合、原則として2枚の診断書が必要となります。
2枚というのは記載された症状が、それぞれいつ分が必要なのかが異なるためです。

1枚目:障害認定日の症状
2枚目:請求時の症状

しかし現在の診断書だけで、初診日から1年6ヶ月の段階で以下に該当することが分かる場合については、例外的に1枚の診断書だけで遡及請求が出来ることになります。

  • 人工関節や人工骨頭を挿入置換
  • 植込み型除細動器(ICD)又は人工弁を装着
  • 新膀胱を造設
  • 人工肛門を造設
  • 手足を切断または離断
  • 在宅酸素療法を開始
  • 喉頭を全摘出

 

その他の心臓の障害の事例

 

    お問合せの流れ

    ※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
    • 何から手をつけたら良いのかわからない
    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


    お住まいの都道府県(必須項目)
    生年月日西暦 (必須項目)
    お名前
    メールアドレス
    傷病名
    お問い合わせ内容
    現在お仕事はしていますか?
    現在生活保護を受給していますか?


     

    タイトルとURLをコピーしました