厚生年金2級 注意欠陥多動性障害 発達障害 精神

注意欠陥多動性障害(ADHD)|障害厚生年金2級(遡及請求のみ行った事例)

注意欠陥多動性障害(ADHD)|障害厚生年金2級

対象者の基本データ

病名注意欠陥多動性障害(ADHD)
性別男性
支給額年額 約153万円
障害の状態
  • こだわりが強く、助言や指導も意味を成さない
  • 日常生活には家族の援助が必要
  • 病気が原因で出勤状況が悪く、退職を余儀なくされた
申請結果障害厚生年金2級

 

ご相談までの経緯

幼少期から落ち着きがない、忘れ物が多いと指摘を受けることが多かったそうです。

学生時代は宿題はしない、頻繁な遅刻、授業中の脱走など問題行動が多かったそうですが、末っ子ということもあり、ご両親の関心は薄く、叱られることはなかったそうです。

対人関係では粗暴な後遺が目立ち始め、喧嘩を繰り返したり、女性とのトラブルも多かったそうですが、素直で純粋な性格でもあり、人に好かれることが多く、生活面では各時期において誰かが支援・援助してくれており、自立した生活が営めていない事にも気付かずに過ごしていました。

38歳頃、子供に対してもイライラすると異常なまでに癇癪を起こし、罵声を浴びせることもあったり、車の運転中にパニックを起こし、人をひき殺すなどと言い、運転が異常に荒くなり身の危険を感じたため、奥様が説得し、医療機関へ通院するようになりました。

問診や検査から「注意欠如多動障害(ADHD)」との診断を受け、薬物療法・精神療法を継続していました。

奥様から当事務所へ障害年金が受給できる可能性がないかご相談を受け、事後重症請求のみを行い、障害厚生年金2級として認定を受けた後、改めて通院歴を整理し、遡って受給できる可能性もある為、認定日請求のみを行うためサポート開始となりました。

 

申請結果

事後重症請求を行う時点で初診日が認められるか不明であったり、認定日時点の通院歴や病状があやふやで認定日請求を同時に行うことが出来ない場合は、事後重症請求のみを先に行い、あとから認定日請求のみを行うことも出来ます。

認定日請求のみを行う場合でも、必要となる書類は事後重症請求の場合とほとんど同じで、初診日の証明は事後重症請求時と同じもののコピーを使用し、新たに認定日頃の診断書を取得することから手続きを始めました。

Sさんは事実と異なる内容を医師に伝えてしまうことがあったため、必ず奥様が同行し、医師との疎通を行っていました。

そのため、認定日頃のカルテにも詳細にご本人さまの状態の記載が残っており、認定日頃の診断書にもしっかりと病状を反映してもらうことが出来ました。

また病歴就労状況等申立書は事後重症請求時より認定日請求を見据えて作成していたため、認定日頃の就労状況や日常生活状況、また事後重症請求以降、現在までの変化などを微調整する形で作成。

請求の結果、『障害厚生年金2級』として約2年間分遡っての請求が認められました。

 

【ポイント1】認定日請求のみを行うことも可能

事後重症請求を行う時点で初診日が認められるか不明であったり、認定日時点の通院歴や病状があやふやで認定日請求を同時に行うことが出来ない場合は、事後重症請求のみを先に行い、あとから認定日請求のみを行うことも出来ます。

ただし、認定日請求のみをあとから行う場合は、過去に事後重症請求時点で提出した書類との矛盾が起らないように、最初の事後重症請求時点でその後の申請も見据えて申請をしていく必要があるでしょう。

 

【ポイント2】診断書(精神の障害用)

精神疾患での障害年金を申請する際は、病状だけでなく、日常生活及び就労の状況もポイントとなります。

診察時に日常生活及び就労状況をうまく伝えられていない場合は、実際の状況と不釣合いな診断書となってしまう可能性があります。

診断書作成前に医師から詳しく状況を聞かれることもありますが、ヒアリングがない場合などは自ら伝えることが大事です。

ご自身がうまく意思疎通が出来ない場合は、周囲の援助する方が伝える事も大切になります。

 

その他の精神の事例

 

    お問合せの流れ

    ※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
    • 何から手をつけたら良いのかわからない
    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


    お住まいの都道府県(必須項目)
    生年月日西暦 (必須項目)
    お名前
    メールアドレス
    傷病名
    お問い合わせ内容
    現在お仕事はしていますか?
    現在生活保護を受給していますか?


     

    タイトルとURLをコピーしました