【精神疾患】障害年金受給の無料診断はこちら!
その他基礎年金2級難病

【事例542】小児型ポンペ病(糖原病2型)|障害基礎年金2級(過去自分で申請して2回不支給だった事例)

小児型ポンペ病(糖原病2型)|障害基礎年金2級

対象者の基本データ

病名 小児型ポンペ病(糖原病2型)
性別 女性
支給額 年額 約78万円
障害の状態
  • 四肢の筋力及び体幹機能の低下により、歩行時は屋内外問わず杖が必須
  • 体幹機能の低下により背もたれやクッション、ひじ掛け等の指示がなければ座位保持も出来ない
  • 傷病の特性を理解した手厚いサポートのある環境下である為、就労が可能となっている
  • 身体障害者手帳2級
申請結果 障害基礎年金2級

 

ご相談までの経緯

ご相談者様は幼少の頃、寝転んだ状態で首を持ち上げることができず、小児科で診察を受けるも原因不明で経過観察になったと事でした。

その後、幼稚園頃に別疾患で入院することとなり、その際の血液検査にて異常数値が認められ、様々な病院にて検査を重ねたところ「小児型ポンペ病」という事が判明しました。

症状は多岐に渡る難病であり、とくに進行性の全身筋力低下により、日常生活や学校生活への支障は大きかったとの事でした。

何とか進行を遅めるため、2週間に1度の入院治療や多数の専門病院で週数回の外来通院を続けました。

それでも年齢を重ねるにつれて症状は進行していき、成人後は就労するもいつまで続けられるかわからない、という不安が常にあったそうです。

そんな時に「障害年金」という制度を知り、さっそく自力申請にチャレンジしてみるも、不支給という結果になってしまいました。

各病院の皆さんもとても協力的で、期間を空けて再度しようとなり、改めて再度申請にチャレンジするも、再び不支給。

「再度申請で不支給の場合、次の申請は専門家へ依頼する」と決めていたそうで、申請代行の社労士をネットで調べていたところ当事務所に辿り着き、お問い合わせを頂きました。

 

申請結果

今回のご相談者様はご自身で2回障害年金の申請歴があり、いずれも不支給とされていました。

そのため、今回の申請に当たっては前回までの申請書類一式を拝見させていただき、その結果の妥当性と原因の追究を行い、今回の申請方針を検討することから始めました。

請求傷病であるポンペ病は国内でも患者数が少なく非常に稀な疾患であり、さらに病型によって臨床症状も異なり、症状は多岐に渡ります。

ご相談者様の病状を総合的に評価すると認定基準に該当する程度にあると思われましたが、症状が多岐に渡る故、主症状等の特定部位の障害にのみ着目され、これまで認定を得ることが出来なかったものと推察されました。

審査される認定医は必ずしも申請傷病の専門医ではないということが想定されるため、審査に当たっては傷病の特殊性をご理解いただいた上で、今回のご相談者様の場合の病態を適切に審査していただけるように申請書類を組み立てる必要があると考えました。

難病情報センターや医学会の発行する傷病ガイドライン等より傷病の特性に関する情報を集め、ご本人様の病状を当該傷病特性に照らし合わせ、審査時に考慮いただきたい事項と等級該当性について代理人申立てを作成しました。

また代理人の申立てだけでは信憑性に欠ける為、傷病の専門医であり、かつ、ご相談者様の病状を熟知されている主治医の先生にも改めて傷病の特性を鑑み、患者様の障害認定に当たってはどのような評価方法が望ましいか専門医の視点から意見書を作成していただきました。

申請の結果、「障害基礎年金2級」として認定されました。

今回の傷病のように障害年金上の認定基準が明確にされていない傷病については、認定基準と傷病の特性を照らし合わせて審査時に考慮していただきたい病態を積極的に申し立てていくことは非常に有効な申請方法になり得ると改めて感じました。

障害年金の審査は書類のみの審査ですので、書面上でいかに客観的に症状を伝えられるかが非常に大切になります。

過去に不支給となったり、初めての申請でも悩まれた際はぜひ専門家にご相談いただければ幸いです。

 

【ポイント1】一度不支給となっていても受給の可能性あり

過去に不支給となっても、障害年金を再度申請することは可能です。

大切なのは「なぜ不支給となったか」原因を見つけることです。

原因を見つけるのは慣れていないと難しいこともありますので、ぜひ専門家にご相談ください。

 

その他の事例

 

    お問合せから申請までの流れ

    お問合せの流れ

    ※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
    • 何から手をつけたら良いのかわからない
    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

    精神疾患での障害年金無料自動診断

    精神疾患での障害年金の申請をご検討の場合、必要事項を入力頂くだけで「障害年金が受給できる可能性があるか」また「何級相当を受給できる可能性があるか」が自動で表示されます。
    以下のバナーをクリック頂くと、自動無料診断ページにいきます。
    費用は一切かかりませんし、匿名でもご利用頂けます。
    診断の後にこちらから営業の連絡なども致しませんので、安心してお試し下さい。

    精神の障害年金無料診断ページ障害年金無料自動診断

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


    お住まいの都道府県 (必須項目)
    生年月日 西暦 (必須項目)
    お名前
    メールアドレス
    傷病名
    お問い合わせ内容
    現在お仕事はしていますか?
    現在生活保護を受給していますか?


    タイトルとURLをコピーしました