【事例1563】肺がん|障害厚生年金3級(ご本人の死後に申請した未支給年金の事例)

肺がん|障害厚生年金3級

対象者の基本データ

病名肺がん
性別男性
支給額未支給年金額 約120万円
障害の状態
  • ご本人様は既に亡くなられている
申請結果障害厚生年金3級

当事務所スタッフによる事例紹介動画

当事務所のスタッフが実際に申請した流れを動画で詳しく説明しています。

当事務所の雰囲気を感じて頂けると思いますので、是非ご覧ください。

ご相談までの経緯

相談者様は、ご主人が細胞肺癌で他界された後に、奥様から未支給の障害年金の申請についてのお問い合わせをいただきました。

ご主人が生前に障害年金の申請を進めることができなかったため、奥様が代わりに申請することになりました。

未支給の障害年金申請

未支給の障害年金の申請には、特定の順序と条件があります。

最も優先されるのは配偶者で、続いて子供、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、その他三親等以内の親族が申請可能です。

今回は奥様が配偶者として申請されましたので問題ありませんでした。

申請に際しては、以下の書類が必要となります:

  • 未支給年金・未支払給付金請求書
  • ご主人の死亡届
  • 戸籍等(生計同一関係を証明するため)
  • 障害認定日の診断書と死亡前3ヶ月以内の診断書

通常の裁定請求の書類に加えて、これらの追加書類が必要です。

ご主人の死亡後であっても、これらの書類が揃っていれば申請は可能です。

申請結果

ご主人の障害認定日には3級の認定が下されており、その後の診断書では1級相当の状態でしたが、未支給年金として支給される金額は3級のままでした。

認定日が治療が一段落した一番落ち着いた時期に重なっていたため、結果として3級の金額が支給されました。

総額で約120万円が支給されましたが、これは令和3年10月から令和5年4月までの18ヶ月分の金額でした。

感想

奥様の申請により、無事に未支給の障害年金を受け取ることができましたが、認定日が3級のままだったため、結果的には1級の金額を受け取ることはできませんでした。

この事例からもわかるように、認定日がどの等級に当たるかが非常に重要です。

スタッフの感想としては、「ご本人が亡くなられていても、認定日の診断書と直近の診断書が揃っていれば申請は可能です。申請できる方の順位や条件をしっかりと確認し、迅速に対応することが大切です」とのことです。

また、「未支給年金は税金がかかる」という点にも注意が必要です。

今回のケースを通じて、ご家族の方が生活を共にしていた証拠を示す書類が揃っていれば、未支給年金の申請が可能であることを改めて確認できました。

当社では、こうしたご相談にも迅速かつ丁寧に対応しておりますので、安心してご相談いただければと思います。

その他の癌(がん)の事例

癌(がん)の障害の新着事例

【事例1590】直腸がん|障害厚生年金3級(遡及を諦めていたけれど認められた事例)
【事例1545】舌がん|障害厚生年金2級(症状を分けて併合で認定された事例)
【事例1680】膵頭部癌|障害厚生年金2級(適正な診断書を取得するため工夫した事例)
【事例1563】肺がん|障害厚生年金3級(ご本人の死後に申請した未支給年金の事例)
【事例1481】子宮頸がん(人工肛門)|障害厚生年金2級(認定日の特例を使った事例)

よく読まれる癌(がん)の事例

 

【事例206】膵臓がん|障害厚生年金2級
【事例6】直腸がん(人工肛門)|障害厚生年金3級(カルテが破棄されていた事例)
【事例570】肺がん|障害厚生年金2級
【事例908】膵頭部癌|障害厚生年金3級
【事例375】S状結腸癌・転移性肝癌|障害厚生年金3級

    お問合せから申請までの流れ

    お問合せの流れ

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい

    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい

    • 何から手をつけたら良いのかわからない

    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている

    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい

    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・

    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

    精神疾患での障害年金無料自動診断

    精神疾患での障害年金の申請をご検討の場合、必要事項を入力頂くだけで「障害年金が受給できる可能性があるか」また「何級相当を受給できる可能性があるか」が自動で表示されます。
    以下のバナーをクリック頂くと、自動無料診断ページにいきます。
    費用は一切かかりませんし、匿名でもご利用頂けます。
    診断の後にこちらから営業の連絡なども致しませんので、安心してお試し下さい。

    精神の障害年金無料診断ページ 障害年金無料自動診断

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化 以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。 届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。

    お住まいの都道府県

    (必須項目)

    生年月日

    西暦 (必須項目)

    お名前

    メールアドレス

    傷病名

    お問い合わせ内容

    現在お仕事はしていますか?

    現在生活保護を受給していますか?

    \ 私は障害年金を受給できるの?/
    \ 私は障害年金を受給できるの?/