障害年金の基礎知識

一人暮らしで障害年金を申請する注意点

「一人暮らし」での障害年金受給事例

一人暮らしをしているから障害年金の受給は出来ないと諦めている方もいらっしゃると思います。

実際には一人暮らしであっても障害年金を受給されている方はたくさんいらっしゃいます。

一人暮らしで障害年金を受給する場合の注意点と事例をわかりやすくご説明します。

当センターの障害年金の申請サポートの流れはこちらの動画でもご説明していますので、是非ご覧ください。

病気の影響で障害年金の手続きが進まないと困っている皆様へ

 

 

一人暮らしで障害年金はもらえる?

一人暮らしでも障害年金はもらえる?障害年金の審査では「生活での支障」が大きなポイントになりますので、一人暮らしをしているということは審査に大きく影響します。

認定される方の多くは、「生活に大きな支障があるため周囲の支援や援助が必要な事が多く、単身で生活することが困難」なケースとされています。

障害年金の申請時には公的書類として、住民票の提出が規定されており、住民票上で同居者の有無を確認することが出来ます。

住民票上で同居者が確認できない場合は、「一人暮らしをしている」=「自立した生活を送れている」と評価される可能性があります。

しかし単身生活であっても、家族等以外(ヘルパー等)の生活支援がなければ日常生活が成り立っていないような場合は、そういった状況を申請内容に反映することで認定される可能性もあります。

 

「一人暮らし」が認定基準となる傷病

一人暮らしについて、認定基準に明記されているものは精神の障害のみです。

また、診断書に生活環境・同居の有無を記載するのも精神の障害のみとなっています。

ただし、実際のところはどの傷病でも「生活や就労に支障がある」ということが審査の基準になっています。

 

精神の障害

精神の障害での障害年金申請は、「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」に沿って審査されます。

「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」のP.7「③生活環境において」に、独居(一人暮らし)の場合の等級判定に考慮される要素が明記されています。

③生活環境 考慮すべき要素

○ 家族等の日常生活上の援助や福祉サービスの有無を考慮する。
独居であっても、日常的に家族等の援助や福祉サービスを受けることによって生活できている場合(現に家族等の援助や福祉サービスを受けていなくても、その必要がある状態の場合も含む)は、それらの支援の状況(または必要性)を踏まえて、2級の可能性を検討する。

○ 入所施設やグループホーム、日常生活上の援助を行える家族との同居など、支援が常態化した環境下では日常生活が安定している場合でも、単身で生活するとしたときに必要となる支援の状況を考慮する。

○ 独居の場合、その理由や独居になった時期を考慮する。

精神の障害に係る等級判定ガイドライン」P7より

 

一人暮らしで「認定」となる可能性があるケース

ガイドラインの内容から考えて以下のようなケースは認定となる可能性があると言えます。

  • 家族等の援助や福祉サービスを受けている場合
  • 現に受けていなくても援助や福祉サービスを受ける必要性がある状態にある場合
  • 独居となった理由や時期によっては認められる可能がある

また、ガイドラインには「独居の場合、その理由や独居になった時期を考慮する。」と記されています。

以下のような理由から、家族であっても同居していると体調が悪くなるために、やむなく一人暮らしをしているような事情も審査に考慮される可能性があります。

  • 家族から病気に対する理解が得られない
  • DV
  • 自責・焦燥感が強い

実際にうつ病、双極性障害、統合失調症などの場合、家族から病気の理解が得られないことや、誰かと暮らしていると余計に体調が悪くなるといった理由で一人暮らしをしながら障害年金を受給されているケースがあります。

また、大人になってから「発達障害」と判明した方の場合、すでに社会に出て一人暮らしをしていて障害年金を申請して認定されるケースもあります。

 

一人暮らしで「不支給」となる可能性があるケース

それでは、どのような場合に不支給となる可能性があるのでしょうか。

一番分かりやすいケースは「援助や福祉サービスが全く必要ない」というケースです。

つまり、「一人暮らし」が理由で不支給になるわけではなく、「どの程度の援助や福祉サービスが必要なのか」がポイントになります。

精神の障害で一人暮らしをされている方の受給が難しい理由は動画でもご説明していますので、ご参照下さい。

うつ病で一人暮らしをしているとナゼ障害年金が難しいのか?

 

一人暮らしでの申請が少ないケース

知的障害で申請される方は、親御さんと同居されている場合が多いので一人暮らしで申請されるケースは多くありません。

また、てんかんを患っている方は、いつ発作が起こるかわからず一人暮らしは危険なため、一人暮らしで申請されるケースは多くありません。

 

一人暮らしで障害年金を受給されている事例

当事務所で一人暮らしの方で障害年金申請をして認定された事例をご紹介します。

うつ病|障害基礎年金2級(精神疾患で一人暮らしの事例)
慢性疲労症候群(一人暮らし・正社員フルタイム就労で遡及が認められた事例)|障害厚生年金3級
双極性障害|障害基礎年金2級(一人暮らしで就労されている事例)
双極性障害|障害基礎年金2級(精神疾患で一人暮らしの事例)
双極性障害|障害厚生年金3級(精神疾患で一人暮らしの事例)
双極性障害|障害厚生年金2級(精神疾患で一人暮らしの事例)
反復性うつ病性障害|障害共済年金2級(精神疾患で一人暮らしの事例)
自閉症スペクトラム障害・強迫性障害|障害基礎年金2級(更新の事例)
うつ病|障害厚生年金3級(認定日に一人暮らしで遡及請求が認められた事例)
うつ病|障害基礎年金2級(既にカルテが破棄されていた事例)
うつ病|障害基礎年金2級(精神疾患で一人暮らしの事例)
うつ病|障害厚生年金3級(精神疾患で一人暮らしの事例)
うつ病|障害厚生年金3級(精神疾患で一人暮らしの事例)
うつ病|障害厚生年金3級(精神疾患で一人暮らしの事例)
うつ病|障害基礎年金2級(精神疾患で一人暮らしの事例)

 

 

タイトルとURLをコピーしました