基礎年金2級 強迫性障害 発達障害 精神 自閉症スペクトラム障害

自閉スペクトラム症・強迫性障害|障害基礎年金2級(更新の事例)

自閉スペクトラム症・強迫性障害|障害基礎年金2級

対象者の基本データ

病名自閉スペクトラム症・強迫性障害
性別男性
支給額年額 約78万円
障害の状態
  • 週3日、深夜のコンビニでアルバイトをしている
  • 一人暮らしをしている
  • こだわりが人一倍強い
  • 精神障害者保健福祉手帳:2級
申請結果障害基礎年金2級

 

ご相談までの経緯

子どもの頃より強いこだわりや協調性のなさといった発達障害の特徴を指摘されることがあったといいます。

20歳の頃より自閉症スペクトラムとして障害基礎年金2級を受給されおり、間もなく更新というタイミングでご連絡を頂きました。

前回の請求の時は、一人暮らしとアルバイトを初めたばかりでした。

お母様のお話では、アルバイトもすぐに辞めて戻ってくると考えておられましたが、周りの助けもあり、一人暮らしもアルバイトも2年継続していることが更新の審査に不利になると考え不安を感じられ、実際の審査の傾向が知りたいという思いからご連絡を頂きました。

 

申請結果

当事務所に頂くご相談の中に、更新(ポイント①)で支給停止となったというものが多くあります。

そこで、今回の更新請求のポイントは以下の3点と考えました。

  • アルバイトで就労をしている
  • 一人暮らしをしている
  • 神経症の症状について

まず、アルバイト就労については『○時間以内なら大丈夫』といった明確な基準はありません。

そこで就労の状況をヒアリングしたところ、コンビニでのアルバイトとのことでしたが
接客をすることが出来ず、品出し・洗い物・掃除だけという様にアルバイト先からの配慮を受けているとのことでした。

また、アルバイト先のスタッフさんとも意思疎通が思うように行かず、ストレスを抱えているとのことでした。

そこでこれらの状況を医師に伝えると同時に、診断書だけでは見えない就労の様子について補足資料を添付することとしました。

一人暮らしについても同様です。

ご依頼者は一人暮らしといっても、生活費の多くはご両親からの援助を受けて成り立っている状況でした。

また、実家からスグの場所に住んでおり、食事や洗濯は全て実家にお願いしており掃除などもお母様が行っていました。

この様子から考えて、完全な一人暮らしは困難と考え、これらも診断書の背景を伝える補足資料としてまとめることとしました。

最後に神経症です。

強迫性障害などの神経症は障害年金の対象外とされています。(ポイント②)

お医者様の見解を確認したところ、現在の日常生活への支障は自閉症スペクトラムからの影響が大きいという事でした。

そこで、それらの症状について少しでも多く診断書に反映をしていただくようお願いしました。

障害年金の更新には障害状態確認届(診断書)の提出だけで行うことができます。

しかし、診断書の項目だけでは請求者の障がいの症状を表現しきれない事があり不十分な事があります。

そのようなケースでは今回のように補足資料の提出を行うことがあります。

その結果、無事に障害基礎年金2級として更新が認められました。

 

【ポイント1】障害年金と更新

障害年金は基本的には期限を区切られて都度更新の手続きが必要となります。

これを有期認定といいます。

有期認定は1~5年ごとに「障害状態確認届」という診断書付きの現況届の提出が必要です。

「次回の診断書の提出はいつ頃なのか?」は、障害の状態や、これまでの治療の経緯によって1年後、2年後・・など決められます。

病名によって決められているわけではありません。

次の更新手続きがいつなのかは年金証書や結果の通知はがきを確認しておかれるとよいでしょう。

障害年金の更新に関しましては以下の動画でもご説明していますのでご参照下さい。

【障害年金】あなどるなかれ!更新HowTo♪♪

 

【ポイント2】強迫性障害などの神経症

強迫性障害、PTSD、パニック障害などを神経症と呼びます。

これらの神経症は、原則として障害年金の対象外となります。

但し、うつ病、統合失調症のような症状がある場合は、障害年金の対象となることもあります。

 

その他の精神の事例

 

    お問合せの流れ

    ※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
    • 何から手をつけたら良いのかわからない
    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


    お住まいの都道府県(必須項目)
    生年月日西暦 (必須項目)
    お名前
    メールアドレス
    傷病名
    お問い合わせ内容
    現在お仕事はしていますか?
    現在生活保護を受給していますか?


     

    タイトルとURLをコピーしました