働きながら障害年金を受給できます。

働いている人の割合

34%

障害年金業務統計(令和元年度)

常勤会社員・公務員の割合

18%

障害年金業務統計(令和元年度)

SCROLL

働きながら障害年金を受給している人はどれくらいいるの?

令和元年(2019年)のデータでは、厚生年金・国民年金両方の全ての傷病での受給者で見た場合、34.0%が働きながら障害年金を受給されています。

つまり、障害年金を受給されている方の約3人に1人は、働きながら障害年金を受け取られているということになります。

就労していることが審査に影響する可能性が高い「精神疾患で障害年金を受給されている方」で見た場合、28.3%の方が働きながら障害年金を受給されています。

精神疾患で障害年金を受給されている方に限った場合でも、約4人に1人以上が働きながら障害年金を受給されているということになります。(障害年金受給者実態調査 令和元年 第16表 性別・制度別・障害等級別・傷病名別・仕事の状況別 受給者数/受給者割合 より)

このデータからも分かるように、働いているという理由だけで「絶対に障害年金が受給できない」ということはありません。

また、精神疾患でも正社員だと絶対に障害年金を受給できないということもありません。

障害年金を受給されている方がどのような仕事をされているか、男女比はどうなっているか等を知りたいという方は「障害年金の受給者の就労状況」のページで詳しくご紹介していますので、是非ご覧ください。

働いている方であっても、障害年金を受給する要件を満たしている場合は受給されます。

キャッチフレーズ

ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。
ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。

実績

123

補足説明

実績

456

補足説明

お知らせ

キャッチフレーズ

ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。
ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。

キャッチフレーズ

ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。
ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。

実績

123

補足説明

TOP