基礎年金2級 肢体

体幹不自由|障害基礎年金2級(審査請求をした事例)

体幹不自由|障害基礎年金2級

対象者の基本データ

病名体幹不自由
性別女性
支給額年額 約77万円
障害の状態
  • 終日、家の中で生活をしている
  • ヘルパーを利用している
  • 杖、車椅子を使用している
  • 身体障害者手帳:なし
申請結果障害基礎年金2級

 

ご相談までの経緯

10才の時に沸騰した浴槽に転落してしまい全身に火傷を負いました。

救急搬送で治療を行いましたが全身に後遺症が残ってしまいました。

その後も何度か手術を行いましたが屋内の移動だけでも不自由が大きく、家族やヘルパーの利用により何とか生活が出来ている状況でした。

44歳の時に障害年金を知りヘルパーさんの力も借りながら手続きを行いましたが不支給となりました。

どうして良いのか途方に暮れる中、ヘルパーさんの知り合いの司法書士さんからの紹介で当事務所へご相談となりました。

 

申請結果

正式な病名が全身熱傷による四肢・体幹の屈曲位瘢痕拘縮というものでした。

障害年金が不支給となった時、まず最初に行うのが以下の項目となります。

  • 診断書は適切な症状が反映されていたのか?
  • 診断書の内容と認定された等級は妥当な内容か?

これらの確認から不服申立(審査請求・再審査請求)てとして申請するのか、又はゼロから再チャレンジを行うのかという今後の方向性を決めます。

診断書を確認したところ、今回のケースでは十分に障害基礎年金2級に相当する内容と見えましたので、すぐに不服申立てを行う事としました。

「不服申立て」とは、既に提出した書類がいかに障害等級に該当しているかを文書で主張していく作業になります。

  • 関節の可動域や筋力から見た主張
  • 日常生活の動作からみた障がいの重たさ
  • 杖や車椅子を使う状況

など

また、このタイミングで重要になってくるのが「病歴就労状況等申立書」の存在です。

というのも、最初の申請の段階で不服申立てを見越した作り込みをしていると、そこに記載された内容も主張の材料になるからです。

今回はご自身で作成されたものでしたが、その中から使えそうなフレーズを抜き出して
主張させて頂きました。

その結果、審査請求では処分変更として障害基礎年金2級が支給されることとなりました。

 

【ポイント1】「不服申立て」とは

障害年金申請の結果、不支給となった場合や想定していた等級よりも低い等級で認定された場合など、決定に納得できない時は『ちょっと待った!』と不服であると申し立てることが出来ます。

これを『不服申立て』と言い、障害年金の不服申立て制度は以下のとおりの『二審制』となっています。

①審査請求(社会保険審査官が審査)
②再審査請求(社会保険審査会が審査)

審査請求で認められなかった場合、次の再審査請求を行うことが出来ます。

審査請求は社会保険審査官が一人で審査する一方、再審査請求は複数人の専門家が集まった『会』で審査されます。

不服申し立てに関しましては以下の動画でもご説明していますのでご参照下さい。

【障害年金】不支給になっても諦めない~

 

【ポイント2】不服申立て後の裁決の種類とは?

審査請求や再審請求などの不服申立てによって、以下のような裁決(決定)がなされます。

 

容認(ようにん)

不服申立ての内容を社会保険審査官や社会保険審査会が認め、不支給決定等を取り消すことです。

 

棄却(ききゃく)

不服申立ての内容が認められず、不支給決定等が取り消されないことです。

 

却下(きゃっか)

審査請求や再審査請求の要件を満たしていないため、不服申立てを受け付けないことです。

 

取下げ

保険者(日本年金機構)が「不支給等とした決定は誤っていた」と認め、不支給決定等は撤回され皆さんが求める決定に変更されます。

この場合、審査請求や再審査請求は意味が無くなる為「不服申立てを取り下げ」中止となります。

 

 

その他の肢体の障害の事例

 

    お問合せの流れ

    ※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
    • 何から手をつけたら良いのかわからない
    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


    お住まいの都道府県(必須項目)
    生年月日西暦 (必須項目)
    お名前
    メールアドレス
    傷病名
    お問い合わせ内容
    現在お仕事はしていますか?
    現在生活保護を受給していますか?


    タイトルとURLをコピーしました