【精神疾患】障害年金受給の無料診断はこちら!
その他クローン病厚生年金3級難病

クローン病|障害厚生年金3級(20歳前の初診日に厚生年金に加入されていた事例)

クローン病|障害厚生年金3級

対象者の基本データ

病名 クローン病
性別 男性
支給額 年額 約59万円
遡及金額 約293万円
障害の状態
  • 人工肛門閉鎖後、再造設。肛門部に皮下膿瘍あり
  • 大腸を全摘しているため、栄養摂取ができていない
  • 食欲不振、体重減少、発熱、倦怠感、貧血
  • 入院中で就労はできていない
申請結果 障害厚生年金3級

 

ご相談までの経緯

19歳の夏ごろより下痢あるいは泥状の便が出るようになったそうです。

市販の整腸剤で少し落ち着くこともあり、特に受診はしていませんでした。

しかし、数カ月たっても下痢が続き、特に、食後すぐに下痢をするようになったため、受診することにしました。

A病院で受診した結果、炎症性腸疾患の疑いがあり内視鏡検査を必要としたため、すぐに紹介状をもらい受けB病院へ転医。

B病院で検査を受けたのですが、その傷病に対応できる専門医がいないとのことでC病院へ紹介となりました。

C病院で検査と大腸全摘術を受け、病理結果にて「クローン病」と診断されました。

その後、加療を続け、下痢や腹痛はあったものの調子が良い時は仕事に出ることができていました。

ところが数年経ち、慢性的な肛門痛や発熱がみられるようになってきて、体調不良で仕事を欠勤することが増えてきました。

肛門周囲膿瘍のため入退院を繰り返し、人工肛門造設術も受けました。

下痢、貧血、食欲不振などにより著しく体力が低下して、仕事も辞めることになりました。

現在も入院加療中で、1日のほとんどをベッドで過ごしており、ベッドから立ち上がる際にも立ちくらみで倒れることもあるそうです。

そんな中、人工肛門造設術を受けた場合は障害年金の対象となることを知ったご依頼者様のお母様より障害年金申請のご相談をいただきました。

 

申請結果

ご依頼をいただいた際、ご本人様は入院中だったため、やり取りはすべてお母様と行いました。

これまでの通院歴をヒアリングし、まずは初診の証明書を取得する手配を取りました。

初診日が19歳頃とのことでしたが、厚生年金に加入されていたので、20歳未満でも「障害厚生年金」の対象となります。

初診日が確定したのち、診断書の取得に取り掛かりました。

初診日から1年6カ月後の障害認定日頃に通院があり、障害等級に該当する状態であれば遡及請求ができる可能性があるので、当時の様子をヒアリングしました。

ご依頼者様の場合、今回の人工肛門造設は2回目でした。

過去にも人工肛門を造設されたことがありましたが、その後、一旦閉鎖していました。

障害認定日頃は、通院はしていましたが、人工肛門はしておらず、調子が良い時は就労もしていたそうです。

そのため、事後重症での請求で進めていました。

しかし、その後、年金機構より「1回目の造設時から今回の造設まで症状が継続している」と判断され、認定日請求ができる旨の連絡がありました。

結果、無事に「障害厚生年金3級」として遡及認定されました。

 

【ポイント1】初診日と障害年金

障害年金では初診日に「国民年金・厚生年金」のいずれに加入していたかで、請求する障害年金種類が異なります。
(※)初診:国年=障害基礎年金、厚年=障害厚生年金

障害厚生年金の方が、基礎にはない(3級、配偶者加算、給与による支給額の増加)など、有利な点があります。

 

【ポイント2】人工肛門は働いても受給可能

人工肛門の等級は、原則『3級』と定められています。(※)症状によってはさらに上位等級の可能性もあり。

仕事が出来ていると「障害年金の受給は無理かな?」を思いがちですが、人工肛門を造設していることで生活や就労に制限が出てきます。

そのため、人工肛門の場合は「就労の有無・生活への支障」などに関わらず、3級と認定されます。

 

その他の精神の事例

 

    お問合せから申請までの流れ

    お問合せの流れ

    ※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
    • 何から手をつけたら良いのかわからない
    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

    精神疾患での障害年金無料自動診断

    精神疾患での障害年金の申請をご検討の場合、必要事項を入力頂くだけで「障害年金が受給できる可能性があるか」また「何級相当を受給できる可能性があるか」が自動で表示されます。
    以下のバナーをクリック頂くと、自動無料診断ページにいきます。
    費用は一切かかりませんし、匿名でもご利用頂けます。
    診断の後にこちらから営業の連絡なども致しませんので、安心してお試し下さい。

    精神の障害年金無料診断ページ障害年金無料自動診断

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


    お住まいの都道府県 (必須項目)
    生年月日 西暦 (必須項目)
    お名前
    メールアドレス
    傷病名
    お問い合わせ内容
    現在お仕事はしていますか?
    現在生活保護を受給していますか?


    タイトルとURLをコピーしました