厚生年金3級 感音性難聴 聴覚

感音性難聴|障害厚生年金3級

感音性難聴|障害厚生年金3級

対象者の基本データ

病名感音性難聴
性別男性
支給額年額 約62万円
障害の状態
  • 左76.3db(25%)/右103.8db(0%)※( )内はを最良語音明瞭度
  • 補聴器着用でも語音明瞭度が非常に悪いため生活に支障あり
  • 会社からの支援を受けつつ正社員として就労中
  • 身体障がい者手帳4級
申請結果障害厚生年金3級

 

ご相談までの経緯

35歳のとき、突然耳鳴りや閉塞感で耳が聞こえづらくなったそうです。

翌日になっても症状が治まらなかったので、耳鼻科を受診したところ『突発性難聴』と診断を受けました。

すぐに入院が必要だったため、即日転医し入院加療となりました。

退院後も外来にて投薬治療等を続けた結果、耳の聞こえは少し改善したものの、
それ以上の改善は見込めないとの事で、通院は中断しました。

以降は、難聴を抱えたまま生活を送っていたそうで、その間も聴力レベルは徐々に低下していきました。

発症から約10年経過した頃には、会話で聞き返す事が頻繁になり、職場では営業から事務職に異動となる等支障が出ていたとの事です。

明らかな聴力低下があった為、一度検査を行おうと耳鼻科を受診すると『中等度の難聴』であることが分かり身体障がい者手帳も取得。

聴力はその後も低下し続け、55歳のときに手帳更新のため病院にて聴力検査をしたところ『重度難聴』となっていたそうです。

その際、医師から「障害年金も受給出来るかも知れないよ」と教えて貰い、当事務所にご相談がありました。

 

申請結果

最初のヒアリング時に直近の聴力検査結果を見せて頂いたところ、片耳は2級相当でしたが、もう一方は3級相当でした。

聴力に関する障害年金の等級は、原則『両耳』が基準を満たす必要があったため、現時点で申請した場合、3級相当となります。(ポイント①)

3級にて障害年金を受給するには、初診日に厚生年金・共済年金に加入していることが要件ですが、ご相談者さまは当時からずっと厚生年金に加入していらしたので、そのまま申請お手続きへ着手することになりました。(ポイント②)

しかし初診時の病院に医証の記載依頼を行ったところ、「カルテは残っているが、作成できない」との返答がありました。

理由は「診断書を記載できる程の情報がない」との事でした。

作成して頂きたい書類が初診証明書(受診状況等証明書)であることをお伝えしたうえ、証明する内容をご説明したところ、無事に書類を取得することが出来ました。(ポイント③)

病歴就労状況等申立書は、ヒアリングをしっかりと行い、通院していない期間の症状や状況なども詳細に反映した内容に仕上げました。

証明書を取得できないかも知れないといった事態もありましたが、無事にクリアでき『障害厚生年金3級』と認定を得ることが出来ました。

 

【ポイント1】 聴覚の障害認定基準

聴力に関する認定基準は、原則『両耳』の聴力レベルが基準を満たす必要があります。

なお、一耳のみ聴力レベルが低下している場合は、障害手当金(4級相当)という一時金に該当する可能性があります。

また障害手当金相当であっても『症状が治っていない』と判断された場合、3級と認定される可能性があるため、分からないときは、ぜひ専門家へご相談ください。

 

【ポイント2】 初診日と障害年金

障害年金では初診日に「国民年金・厚生年金」のいずれに加入していたかで、請求する障害年金種類が異なります。
(※)初診:国年=障害基礎年金、厚年=障害厚生年金

障害厚生年金の方が、基礎にはない(3級、配偶者加算、給与による支給額の増加)など、有利な点があります。

 

【ポイント3】診断書を発行して貰えない

障害年金の申請を行う中で、稀に診断書等の作成を断られるケースがあります。

基本的には「医師は患者から発行を求められた場合、正当な理由が無い限り診断書の作成を断ることが出来ない」とされています。

そのため作成できない理由は、カルテの保存義務が過ぎており既に破棄している場合が大半となります。

またカルテがあっても作成を断れた場合は『必要な書類の種類』や『証明して貰いたい内容』『診断書の使途』などをきちんとお伝えすることで、作成して貰えることがほとんどです。

 

その他の精神の事例

 

    お問合せの流れ

    ※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
    • 何から手をつけたら良いのかわからない
    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


    お住まいの都道府県(必須項目)
    生年月日西暦 (必須項目)
    お名前
    メールアドレス
    傷病名
    お問い合わせ内容
    現在お仕事はしていますか?
    現在生活保護を受給していますか?


     

    タイトルとURLをコピーしました