基礎年金1級 癲癇(てんかん) 精神

癲癇(てんかん)|障害基礎年金1級(カルテが既に破棄されていた事例)

癲癇(てんかん)|障害基礎年金1級

対象者の基本データ

病名癲癇(てんかん)
性別女性
支給額年額 約98万円
障害の状態
  • てんかんのため就労できない。
  • 意識を失い転倒する発作が毎月起こる。
  • 精神障害者保健福祉手帳 1級
申請結果障害基礎年金1級

 

ご相談までの経緯

平成20年に、突然、意識消失で転倒されて救急搬送されました。

当時は、原因不明で、てんかんと診断されることもなく数回の通院で受診を中断されました。

その後は、頭痛や倦怠感はあるものの市販薬を服用しながらすごされていましたが、2年後に、再び、意識消失で転倒する大きな発作が起こり救急搬送されることになりました。

検査の結果、てんかんと診断され薬物療法が始まりました。

しかし、倦怠感に加え、毎月2回ほど意識を失い転倒する大きな発作が続いています。

いつ発作が起こるかわからないため、常に、見守りが必要であり、一人での行動は大きく制限されます。

このような状況で、まず、障害者手帳の申請をされました。その際、障害年金の事を聞き、ご自身で請求準備を始められました。

しかし、思った以上に手続きが煩雑で専門家への依頼を決断されました。

ネットで自宅付近の社労士事務所を検索され、障害年金の取扱件数の多い当事務所にご夫婦でご相談に来られました。

 

申請結果

まず、ご相談者様に発作のタイプと発作の起こる頻度および今までの受診歴をお尋ねしました。

ご相談者様の発作は、タイプB(意識障害の有無を問わず、転倒する発作)で、毎月1回以上あります。

病状からは1級に該当する可能性が高いと考え、請求準備に着手しました。

まず、初診の病院に「受診状況等証明書」(初診日を証明する書類)を依頼しましたが、カルテを破棄したため断られました。

そこで、2番目の病院で「受診状況等証明書」を書いて頂きました。

また、初診の病院からの「診療情報提供書」も入手ができました。

申請の際は、初診日の証明として「受診状況等証明書が添付できない申立書」に2番目の病院から頂いた「受診状況等証明書」と「診療情報提供書」を添付して提出することになります。

次に、診断書です。

ご相談者様は、障害認定日頃は受診されていませんでしたので、事後重症請求となります。

必要な診断書は現在の病院に記載して頂く1枚のみです。

てんかんの場合は「精神の診断書」を使います。

そのため発作のタイプ、頻度はもちろん重要ですが、日常生活能力の判定と程度もポイントとなります。

てんかんの場合、発作間欠期は、外見的には日常生活に支障は見受けられません。

しかし、発作に備えて常に「見守り」が必要で単独行動に支障があることや発作時の状況も加味して記載をお願いすることになります。

医師には、診断書依頼時にこの点をしっかり説明させて頂きました。

完成した診断書には、発作のタイプ、頻度とともに日常生活能力の判定や程度も、予めご説明した内容をふまえ、ご相談者様の状態が正確に反映されたものとなっており、自信をもって申請することができました。

結果は、当初の予想通り『障害基礎年金1級』に認定となりました。

 

【ポイント1】 初診日の証明が出来ない場合

障害年金は初診日主義とも言われており、初診日の証明が出来ないと障害年金を受給することが出来ません。

初診日の証明は受診状況等証明書という様式を用いて行います。

この受診状況等証明書は必ずカルテに基づいて記載をしてもらう必要がありますが、初診病院が廃院している場合や既にカルテが破棄されている場合等は受診状況等証明書が取得できないこととなります。

そこで受診状況等証明書が取得できない場合に使用するのが、「受診状況等証明書が添付出来ない申立書」です。

この受診状況等証明書が添付出来ない申立書はご自身で最初に受けた医療機関名や場所、受診期間等を記載する書類です。

ただし、この書類を作成するだけでは、客観的証拠が不十分として、申請する初診日を認めてもらうことは出来ません。

申請する初診日が明らかに確認できる客観的な証拠書類を添付して、初めて有効とされます。

客観的な証拠書類としては以下のようなものがあります。

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
  • 身体障害者手帳等の申請時の診断書
  • 生命保険、損害保険、労災保険の給付申請時の診断書
  • 事業所等の健康診断の記録
  • 母子健康手帳
  • 健康保険の給付記録
  • お薬手帳、領収書、診察券
  • 盲学校、ろう学校の在学証明・卒業証書
  • 第三者証明

など

受診状況等証明書が取得できない場合でも、証拠書類を積み上げ認められたケースも多くありますので諦めないことが大切です。

なお、以下の動画でもご説明していますのでご参照下さい。

【障害年金】初診日の証明が出来ない(愕)時の対応とは?

 

【ポイント2】癲癇(てんかん)の注意点

てんかんで障害年金を申請する際には「精神の診断書」を使用します。

その中でも、認定の基準として重要となるのが以下のポイントとなります。

①発作の重症度と頻度
②日常生活能力の判定

病気の特徴として、発作の起きない期間(発作間欠期)は、日常生活は問題なく見えます。

例えば、食事を作ったり、お風呂に入ったり、散歩をすることも出来るのです。

その部分だけを切り取って診断書の日常能力を「できる」と評価されてしまうと「発作はあるけど生活には問題がないんだね」と不支給とされるケースがあるのです。

それを防ぐためにも、発作の無い期間であっても、いつ発作が起きるか分からない事から、どのような影響があるのかを、しっかりとわかるように申請を行う事が大切となります。

 

【ポイント3】 障害年金の対象外の癲癇(てんかん)

てんかんのうち、障害年金の対象となるのは「難治性てんかん」と言われるものです。

つまり、抗てんかん薬の服用や、外科的治療でてんかん発作が抑制される場合は、原則として障害年金の認定の対象外となります。

 

その他の精神の事例

 

    お問合せの流れ

    ※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

    「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

    電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

    お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

    ゆっくりご検討下さい。

    問合せ

    以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

    • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
    • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
    • 何から手をつけたら良いのかわからない
    • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
    • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
    • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
    • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

     

    遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

    障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
    現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
    そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
     

    お電話でのお問い合わせはこちら

    無料診断・相談はコチラ

    LINE@でのお問合せはこちら

    当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
    いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

    LINE友達追加

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


    お住まいの都道府県(必須項目)
    生年月日西暦 (必須項目)
    お名前
    メールアドレス
    傷病名
    お問い合わせ内容
    現在お仕事はしていますか?
    現在生活保護を受給していますか?


     

    タイトルとURLをコピーしました