お問い合わせ
電話番号
基礎年金2級 肢体

変形性股関節症|障害基礎年金2級 

変形性股関節症障害基礎年金2級事例

対象者の基本データ

病名 変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)
性別 女性
支給額
障害の状態 ・変形性膝関節症により人工関節を挿入
・現在は症状もなく、仕事も可能
申請結果 障害基礎年金2級

 

ご相談までの経緯

転倒により右股関節に痛みを感じ始めたAさん。我慢していたそうですが、痛みが強くなってきたため、近くの整形外科を受診。

検査等の結果『右変形性股関節症』であることが判明しました。

医師からは「いずれは人工関節に」と言われ、しばらくは経過観察を続けました。

そのうち昼夜問わず痛みがでるように。

また右足の痛みを庇うことで健側(健康な方)にも痛みを生じるようになり『両股関節変形症』と診断されました。

医師は「可能であれば早めに手術を」と助言されましたが、なかなか決心がつかず、またパートをしていたこともあり予定も合わず、手術は先延ばしになっていたようです。

そのような状態を見た娘さんより、当事務所にお電話がありました。

 

申請結果

Aさんは「初めて整形外科を受診したときご主人の扶養」であったため、障害等級2級以上に当てはまる必要があることが判明。

人工関節は原則「3級」と決められていますが、状態によってはさらに上位等級に該当する可能性もあります。

Aさんのお話を聞くと、痛みは非常に強いようで、生活にも支障が出ているとのこと。

またパートについても痛みのため、翌月をもって退職予定。

手術については決心がつかないそうで、未定とのお話で「2級以上に該当する可能性」がありました。

診断書を取り、障害状態を確認すると「Aさんの申立て」と一部相違があり、軽く評価されていました。

医師に確認したところ『診察にてAさんが伝えきれていないこと』があったそうです。

その後「実際の様子・症状」を伝えることで、後に、相違があった部分が訂正され、実態を反映した診断書が出来上がり、無事に障害基礎年金2級に認定されました。

 

【ポイント1】人工関節を挿入していないケース

「人工関節を挿入していない間は障害年金が貰えないんですよね」というご質問をいただくことがありますが、人工関節を挿入していなければ障害年金を受給できないとは限りません

Aさんのように人工関節を挿入していなくとも「症状が重篤である」場合は、2級以上に該当する可能性があります。

 

【ポイント2】 診察時は症状を適切に伝える

当初の診断書は、Aさんの申し出と違い比較的軽度に評価がされていました。

Aさんによると「お世話になっているため、つい大丈夫といった風なことを言ってしまった」とのこと。

お気持ちは非常にわかるのですが、医師は患者の適切な状況を把握してこそ、正しい治療が行えます。

治療の為にも、診察時は「正確な症状」を伝えることが大事です。

Aさんは医師に「痛みの度合や杖を使用していたこと」などを伝えていませんでした。

医師に正確な情報を伝え、診断書の見直しを相談した際「やっぱりそうだよね?」と仰っており、すぐに見直しが行われました。

 

その他の肢体の障害の事例

 

お問合せ


当事務所では無料相談をおこなっております。
お電話又はお問合せフォームからお気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら

無料診断・相談はコチラ

LINE@でのお問合せはこちら

当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。


LINE友達追加

フォームからのお問い合わせ

以下のフォームからお問合せ下さい。

※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


お住まいの都道府県 (必須項目)
生年月日 西暦 (必須項目)
お名前
メールアドレス
傷病名
お問い合わせ内容
現在お仕事はしていますか?
現在生活保護を受給していますか?


タイトルとURLをコピーしました