厚生年金3級 聴覚

混合性難聴(ゆ着性中耳炎)|障害厚生年金3級

混合性難聴(ゆ着性中耳炎)|障害厚生年金3級

対象者の基本データ

病名混合性難聴(ゆ着性中耳炎)
性別男性
支給額年額 約58万円
障害の状態・聴力レベル 右95.0db/左73.3db
・日常会話は困難
・耳垂れが続き痛痒さがあり不快
申請結果障害基礎年金3級

 

ご相談までの経緯

38歳の頃、めまいがひどく地元の耳鼻科を受診されました。

初診時は聴覚の異常は見られず投薬により、めまいは改善したとの事です。

40歳頃から聴力の低下を自覚するようになり定期通院を再開され両耳鼓膜チューブ留置術を行ったとのことです。

その後も定期受診を行いながら経過観察を行うも、聴力の低下が続くことから、接客業を続けることが困難となり会話の少なくてすむ職種へと転職をおこないました。

50歳の時、奥様からの勧めにより当事務所へご相談に来られました。

 

申請結果

通常は電話を使いながら手続きを進めますが病気の特徴からLINEをメイン進行して行く事とさせて頂きました。

また、症状の進行から通院が6ヶ月に1回程度の通院と頻度が限られてしまうため、最初に次回の通院予定日を確認し、その日付を目がけてほかの書類の準備も進めて行きました。

普段の通院では聴力レベルを測定する程度ですが、次回の通院だけで障害年金の申請に必要なその他の状況を主治医に伝える必要がありました。

そこで、アンケートを使うことで、日常生活や仕事場での様子について的確に先生に伝えることが出来ました。

その結果、障害厚生年金3級として無事に認定を得ることが出来ました。

 

【ポイント1】聴力の測定時の注意点

障害年金に必要となる聴覚障がいの測定は「補助器具や装置を使わない状態で測定する」とされています。

もし補聴器などの補助器具を使用している場合は必ず外して測定を行ってください。

 

お問合せの流れ

※お問合せの回答や申請の手続きは兵庫県の本社で一括対応しております。

「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。

電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。

お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。

ゆっくりご検討下さい。

問合せ

以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

  • 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい
  • もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい
  • 何から手をつけたら良いのかわからない
  • 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている
  • どうすればもらえるのか「方法」を知りたい
  • 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・
  • 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない

 

遠方の事務所への依頼がご心配の方へ

障害年金の審査の一元化以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。
現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。
そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。
 

お電話でのお問い合わせはこちら

無料診断・相談はコチラ

LINE@でのお問合せはこちら

当事務所では面会やお電話に加えてLINEでのやりとりも対応しております。
いろいろな事情で面会やお電話でのやりとりが難しい場合は、お気軽にラインでお問合せ下さい。

LINE友達追加

ホームページのフォームからのお問い合わせ

以下のフォームからお問合せ下さい。

※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


お住まいの都道府県(必須項目)
生年月日西暦 (必須項目)
お名前
メールアドレス
傷病名
お問い合わせ内容
現在お仕事はしていますか?
現在生活保護を受給していますか?


 

タイトルとURLをコピーしました